出会い系サイトは、定期的に使えば必ず女性と会える

出会い系サイトは、定期的に使い個人的に女性とデートを行う事もあります。

女性と交流からデートへ進むには、サイト選びと文章が重要になります。

おすすめはハッピーメールになり、人気や利用者が多いのが特徴です。

男女の比率も半分半分になるため、出会える確率も高くなります。

そんなハーピーメールには、掲示板とプロフィール検索がありますが、掲示板はプロの業者が多いようです。

出会えるチャンスは、掲示板よりプロフ検索になります。

つい先日、デートからエッチまで成功した女性は、大阪のアルバイト店員でした。

部屋で退屈していた僕は、ハッピーメールのプロフからエッチができそうな女性を探していました。

数人にアプローチメッセージを送っていると、数時間後大阪の女性から返信がありました。

プロフでは、お互いお酒がたしなむ程度なので気が合ったようです。

また、漫画が好きな所も共通していて漫画の話題で交流が続きました。

「僕は、格闘系のマンガ好きだけど君は、どんなジャンルが好き?」

「私は、学園漫画が好きだけど、男ポイ漫画も読んでるよ。」など、彼女も詳しいようだ。

「マンガ喫茶など行ったりする?」「たまに行くよ。

ノンビリできて楽しい場所だよね」、「僕も、マンガ喫茶好きで3時間パックをよく利用するよ。」

「3時間パックは、時間的にも満足できるよね」と、少しずつ距離が縮まります。

「よかったらライン交換しようよ」「うん、いいよ」と、彼女と僕はライン交換を行う事に成功します。

「今度の日曜日、暇している?」「今度の日曜日は、アルバイトだから3時に終わってもいいよ。」

「じゃあ3時に会ってデートしてみたいな。マンガ喫茶行こうよ」「別にいいよ。どこで会う?」

「JR大阪駅の構内で昼の3時30分に待っているから。絶対来てよ。」と、デートの約束が出来ました。

ワクワクしながら日曜日なり、僕は昼3時30分に大阪駅で待っていると彼女らしき女性が接近してきました。

僕は、女性に「ハッピーメールのOOさん?」と、声を掛けると「マンガ好きのOOさん?私OOです。」と、彼女は来てくれました。

彼女の第一印象は、顔はAKBで名前が知られていない感じで服装は、ジーパンに茶色のトレーナーパーカーです。

髪型は、茶髪でセミロングになり今風な女性といった外見になります。

彼女の年齢は、20歳で出会い系サイトの利用は、1ヵ月に2、3回利用するようです。

僕は、彼女に「マンガ喫茶へ行って見ようよ」と、誘ってみます。

「行こう。近くに店あるから」と、1度行った事がある店へ行く事になります。

3時間パックを選び、ペアがくつろげる個室席へ入ると少しエッチな気分になりました。

好きなマンガを読みながら、適当な会話をする2人ですが僕は彼女に「3時間来たら、ホテルで休憩しない?」と、言いました。

彼女は、「マジ?でも明日休みだし、行ってみるか。」と、OK返事をくれました。

本当は、個室でエッチな事をしたかったけどバレるとと思い下半身だけ膨らませてガマンをします。

3時間の終了が来ると、マンガ喫茶を出た僕と彼女はラブホテル街へボチボチ歩いて行きます。

ラブホテルは3回ほど利用した経験がありますが、入る前は緊張するものです。

入りやすいホテルへ入り、彼女とエッチが出来た僕は、とても満足できるデートでした。

エッチ後僕は、彼女に「また今度会おうよ」と、言ってみたら「休みが合えばいいけど。」と、その日は別れて帰りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です